病院で発毛相談。発毛を、体の「内側」から考える。

最近のAGA治療薬の臨床試験では、治療前と治療後を比較し、
明確に数えることができる髪の毛(非軟毛)の本数が増えることを「発毛」と定義しています。

01

1,260万人

僕らの髪に
何が起きているの?

薄毛を意識している日本人男性は、
なんと1,260万人1)
あなたはどうですか?
他人の視線とか、
最近気になっていませんか?

僕の髪って、
もしかして…?!

02

DHT

AGAの犯人と
メカニズムを知りたい。

AGAとは一体何なのか、
AGAはなぜ起こってしまうのか…、
そのメカニズムに迫ります。

AGAの原因、
メカニズムは?

01

1日56,000人

AGAの治療は、
病院の医師とともに。

脱毛症※1で病院を受診している人※2は、
なんと1日56,000人2)
もしあなたも今、AGAが気になっているのなら、
早めの相談・治療が肝心です。

AGAは治療できるの?

04

47.5%

僕らが今、
AGA治療に望むこと。

薄毛や髪のことで悩んでいる男性の47.5%が、
AGA治療に最も期待する効果として、
「発毛」を挙げていました3)
これからは、「発毛」は医師に相談できます。

「発毛」の最新情報

05

発毛の病院検索

日本中に、「発毛」を相談できる医師がいます。

今すぐ検索

AGA治療薬を服用中の皆様へ

詳しくはこちら

最近のAGA治療薬の臨床試験では、治療前と治療後を比較し、明確に数えることができる髪の毛(非軟毛)の本数が増えることを「発毛」と定義しています。

  1. 1)

    板見智:日本医事新報, 4209, 27-29 (2004)

  2. 2)

    2011年10月時点

  3. 3)

    板見智:Prog Med, 31, 1995-2000 (2011)

  1. ※1:

    男性型脱毛症(AGA)、円形脱毛症、薬や病気が原因の脱毛症など

  2. ※2:

    調査日現在において、継続的に受診している患者さん(調査日には医療機関を受診していない患者さんも含む)の数をもとにした男女合算の推計値
    出典 厚生労働省 「平成23年患者調査」 表63 2011

発毛を相談できる医師がいます。発毛の病院検索

気になるなら、まずチェック。髪の状態チェックシート

上に戻る