AGA受診前に
準備すること

病医院での治療に向けて、準備をしておきましょう。

医師とのより良いコミュニケーションのために

病医院でのAGA治療では、「医師と十分に話し合うこと」を心がけましょう。
治療方針の決定に積極的に関わることで、治療効果が高まる傾向があります。

編集協力:
心斎橋いぬい皮フ科 院長
大阪大学医学部 皮膚科学教室招聘教授
乾 重樹 先生

受診前に知っておきたい
AGA治療の実態調査

AGA患者さんの治療満足度や病医院でのAGA診療の実態を知ることを目的として、日本を含む世界5ヵ国で調査が実施されました。

【調査結果1】
医師と患者のコミュニケーション

患者さんがAGAの治療方針の決定に関わることで、より高い治療効果が得られると考える医師の割合

【調査結果1】医師と患者のコミュニケーション
【調査結果1】医師と患者のコミュニケーション

【調査結果2】
治療への関わり方と満足度の関係

AGA治療の満足度別
AGAの治療方針の決定に関わったと回答した割合

【調査結果2】治療への関わり方と満足度の関係
【調査結果2】治療への関わり方と満足度の関係

●目的
AGAの治療満足度、AGA診療に対する医師・患者の認識、治療の選択・決定に影響を及ぼす因子等を、5ヵ国(アジア太平洋:日本・韓国・ラテンアメリカ・メキシコ・ブラジル)で調査する

●調査対象
・AGA治療を受けている患者835人
(※男性18歳以上 ※過去6ヵ月間にAGA治療薬を処方された、または市販薬を購入)
・AGA治療薬を処方している医師338人

●調査方法
医師・患者を対象に、2015年11~12月に、AGA診療に関する30分程度のアンケート調査を実施した。

Zrinka LB, et al.:J Dermatol, (2017), in pressより作成

AGA患者さんと医師の
コミュニケーションに関して

AGAの治療選択の過程では、AGA患者さんから希望や考えを伝えて頂き、医師とともにAGA治療について考えて頂くことが重要で、それが高い治療効果や満足度につながることを、今回の研究は示唆しています。

AGA患者さんは程度の差はあれ、何らかの不安を抱えて受診されます。AGA診療に当たる医師として、患者さんの不安な気持ちを受け入れることはもちろん、その希望を積極的に伝えやすい雰囲気を形成したいと考えています。

  • 心斎橋いぬい皮フ科 院長
  • 大阪大学医学部 皮膚科学教室招聘教授
  • 乾 重樹 先生

診察の際は、医師に納得がいくまで質問したり、希望を伝えたりするなど、十分に話し合うことが大切です。

問診をスムーズに受けるために

髪の状態チェックシート

自分の髪がどういった状態なのかを伝えるために、こちらの「髪の状態チェックシート」をご活用ください。
チェックシートの結果をプリントアウト、もしくは結果の画面をスクリーンショットして医師にお見せいただければ、診察がよりスムーズに進みます。

状況により下記タブで「チェックシート」を
選択(切り替え)ください。

髪の毛について気になっていることや、相談したいことはありますか?

髪の毛について気になっていることや、相談したいことはありますか?

気になっている部位はどこですか?

気になっている部位はどこですか?

その症状は、いつ頃から気になり始めましたか?

その症状は、いつ頃から気になり始めましたか?

家族や親族に、髪の薄い方はいらっしゃいますか?

家族や親族に、髪の薄い方はいらっしゃいますか?

これまで薄毛・抜け毛に対し、どのような対処法を行っていましたか?

これまで薄毛・抜け毛に対し、どのような対処法を行っていましたか?

過去にかかったことのある、または、現在治療中の疾患はありますか?

過去にかかったことのある、または、現在治療中の疾患はありますか?
(甲状腺疾患、貧血、ホルモン異常、前立腺肥大症など)

気になっている部位はどこですか?

今の髪の状態に満足されていますか?
 チェックをつけてください。

髪の毛について気になっていることや、相談したいことはありますか?

今もまだ、髪の毛で気になっていることに
 をつけてください。

気になっている部位はどこですか?

気になっている部位はどこですか?

これまでAGAに対し、どのような対処法を行っていましたか?

これまでAGAに対し、どのような対処法を行っていましたか?

上に戻る