AGAの
症状・原因

AGAの症状

AGA“Androgenetic Alopecia”の略で、「男性型脱毛症」のこと。
AGAは、思春期以降に始まって徐々に“進行”する、成人男性の生理的な現象で、額の生え際(前頭部)や頭頂部の髪の毛が細く短くなり、髪が薄くなっていくのが特徴です1)
早い人では、思春期を過ぎた20歳頃から発症します2)
また、日本人男性のAGAの発症率は、約30%と報告されています3)

「細い髪の毛が増える」、「髪にハリやコシがなくなる」、「地肌が透けて見える」
…などの症状があったら、AGAを疑いましょう。

  • 1)古江増隆 総編集, 坪井良治 専門編集 『皮膚科臨床アセット6 脱毛症治療の新戦略』 中山書店 p104-108 (2011)
  • 2)板見智 『専門医が語る 毛髪科学最前線』 集英社 p32-35 (2009)
  • 3)坪井良治 ほか:日本皮膚科学会雑誌, 120, 977-986 (2010)

AGAの脱毛パターン

脱毛パターンはさまざまで、額の生え際の脱毛を“M”、頭頂部の脱毛を“O”にたとえることもあります1)
現在日本では、日本人の脱毛パターンに即して修正された分類(高島分類)が使用されています。日本人では、頭頂部が薄くなる「Ⅱ-vertex」が多いのが特徴です2)
(vertex:「頭頂」の意味。bald:「はげる」の意味)

  • 1)板見智:集英社,専門医が語る毛髪科学最前線,P44-49, 2009
  • 2)古江増隆 総編集, 坪井良治 専門編集 『皮膚科臨床アセット6 脱毛症治療の新戦略』 中山書店 p104-108 (2011)
  • 3)Takashima I, et al.:Hair Research, 287-293 (1981)を参考に作図

AGAの原因

AGAの発症には、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンが大きく関与していることがわかっています。また、遺伝的な要因も影響していると言われています。
DHTは、男性ホルモンの代表格である「テストステロン」が、5α還元酵素(1型、2型)という酵素によって変換された物質です。
DHTは、AGAの他に、ニキビや前立腺肥大症などの原因にもなっています1)

  • 1)Wolff K, et al. “Fitzpatrick’s Color Atlas and Synopsis of Clinical Dermatology 7th Edition” p761-763 (2013)

通常、髪の毛は、伸びては抜けてまた生える、ということを繰り返します。「ヘアサイクル」は3つの時期に分けられ、髪の毛全体の約90%が、髪を成長させる「成長期」の段階にあります。

成長期毛母細胞が分裂を繰り返し、新しい毛が盛んに作られる期間。約2~6年
退行期毛母細胞の分裂が衰え、毛球が完全に退化するまでの期間。約2週間
休止期毛母細胞の分裂が止まり、毛の製造・伸長がストップする期間。約3ヵ月

しかし、AGAでは、DHTの影響により、通常2年~6年ある「成長期」が「数ヵ月~1年」に短縮してしまいます。
髪が十分に育たないまま細くて短いうちに抜けてしまい、結果、地肌が見えるようになります。これがAGAのメカニズムです。

AGAの改善には、短縮した成長期の“正常化”が重要です。

上に戻る