AGA大辞典

013

【成長期】

髪にも、実りの時期があります。

【意味】

成長期とは、ヘアサイクルの中で、毛が生えて成長していく時期です。

髪の毛はこの時期に毛包の一番深くにある毛球で作られます。毛球内部では、毛母細胞が毛細血管から栄養分を吸収しながら盛んに分裂をくり返し、作られた毛を上に押し上げています。これが、髪の毛が伸びる仕組みです。

通常であれば成長期は2~6年間ですが、AGAの人は男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)などの影響によりヘアサイクルが乱れ、成長期が短縮して休止期にある髪の毛の割合が増加します。
そのため、十分に成長していない細く短い毛(軟毛)が多くなり、結果として薄毛が目立つようになるのです。薄毛を改善するためには、短くなった成長期の正常化を促し、太く長い毛が育つ状態を作ることが求められます。

  • 板見智:集英社,専門医が語る毛髪科学最前線,P29-32, 2009

  • 板見智:医学のあゆみ 222: 895-896, 2007より改変

【関連事項】

上に戻る